COMPANY 会社について知る

アイサンテクノロジーの魅力

知恵、それは無限の資産
実行、知恵は実行して実を結ぶ
貢献、実を結んで社会に貢献

アイサンテクノロジーを説明するにあたり、測量を語らずにはいられません。
測量は都市や街を造るための基礎となる重要な作業です。
具体的には土地の広さや起伏を測ったり、位置関係を明らかにしたり、地図を作ったり、道路や河川の計画など「社会の生活基盤」を整備するために大切な技術です。

 PROFILE アイサンテクノロジーとは

創業来の技術を
2020年東京五輪にむけて

国民の財産である土地に関係する不動産登記測量の分野など、様々な測量分野の技術発展とともにアイサンテクノロジーは創業来歩んできました。今、その技術は震災復興の現場に限らず、日本独自の衛星測位システムの実用化や研究が進む安全運転システムにも活かされています。
2020年東京五輪開催のとき、アイサンテクノロジーの技術が多岐にわたり利用されることを目指しています。

「測量」の技術の進歩とともに
歩んできた創業来の歴史

測量の歴史は江戸時代に伊能忠敬が全国を歩いて測量したことが有名です。アイサンテクノロジーは1970年に事務機器販売で創業、プログラム電卓登場時の測量計算プログラム開発をきっかけに、測量分野に進出しました。その後は、自動製図機、パソコン、Windows、GPS、測量法改正、モービルマッピングシステム(MMS)、準天頂衛星など、時代の変遷とともに様々な測量の道具や技術が生み出され、アイサンテクノロジーは時代の市場ニーズに応じて技術を研鑽し製品を提供してきました。
主力製品のWingシリーズは創業来の歴史と最新の技術を反映し、進化し続けています。最新の位置情報計測システムであるモービルマッピングシステム(MMS)は、インフラの老朽化点検、安全運転システムのための高精度三次元地図作成まで幅広く活躍しています。

 MESSAGE メッセージ

何事にも果敢に挑戦する”アイサンスピリッツ”を軸にした
100の考えより1の行動を

日本版GPSとも言われる測位衛星「準天頂衛星みちびき」が4機体制となり、2018年度から実用開始が予定されています。
文字通り【宇宙から高精度な位置情報が振ってくる時代】、誰もが高精度位置情報を活用する時代はすぐそこまで来ています。

アイサンテクノロジーグループは社是【知恵・実行・貢献】の下、経営理念「知恵で地理空間情報のイノベーションを実行し社会資産の豊かな発展に貢献する」から、測量業務への貢献、新しい時代を切り開く新しい測量技術および市場の創造に努めています。

地理空間情報をINNOVATION!

学生の皆さん、アイサンは創業時から一貫として地図を作製する測量のソフトウェアの開発と販売に努めてきました。
今般、そのテクノロジーは自動運転に係る高精度地図データには欠かせないとして国内外から高い注目を頂いています。
2018年、国産初のGPS衛星「みちびき」における高精度位置情報が24時間降り注がれる時代を迎えます。地理空間情報をイノベーションするアイサンのテクノロジーのもと日本の社会資産の発展に共に貢献していく仲間をお待ちしています。

代表取締役社長 加藤 淳

未来を創る仕事で成長する

当社は上場企業ですが社員数100名程度の成長途中の企業です。その中では入社して日の浅い社員でも幹部と一緒に仕事もするし、最先端の技術に触れて知識を得る機会も沢山あります。
スキルアップしたい、社会に役立つ仕事がしたいと思う皆さん、アイサンと一緒に成長して未来を創っていきましょう。

人事法務管理部 部長 中越 律子

 BUSINESS 事業紹介

創業来培ってきた事業の更なる発展をめざして

測地ソリューション事業

WingNeo INFINITY

測量業・建設業・土地家屋調査士業などの業種に向け、最新測量技術の利用、業務効率化、コスト圧縮を提案するアプリケーションの開発・販売を行っています。
アイサンテクノロジーではソフトウェアのみをお客様へ供給するのではなく、計測機器をラインナップに加えることにより、測量業務においてワンストップでお客様の幅広いニーズにお応えし、サポートすることを目指しています。

G空間ソリューション事業

準天頂衛星が4機体制になり、2018年度に実用化されることを受け、自動運転の普及に伴う高精度位置情報を用いたソリューションの需要が高まっています。さらに官民の連携による地図関連データの整備を進めていくことが明言され、当社が作製する高精度三次元地図データの需要も高まることが予想されます。
アイサンテクノロジーでは、モービルマッピングシステム「MMS」の販売から、MMSを利用した高精度三次元地図データの取得、解析、高精度三次元地図データベースの構築を実施し、当社の主たる市場である測量設計業、建設コンサルタント業に加え、ITS業界への事業拡大を進めています。

ITS業界への取り組み

現在、自動車メーカでは、エコドライブ、自動運転走行の実現をめざし、研究活動を行っています。アイサンテクノロジーでは、この研究の推進を目的とし、保有するMMSにて三次元の高精度地図を提案しています。既に数社の自動車メーカにて採用され、様々なデータを提供し、研究活動の推進を支援しています。また、アイサンテクノロジーでは、更なる精度向上をめざし、準天頂衛星「みちびき」の配信データを用いる研究活動も行っています。

みちびき(準天頂衛星システム)
画像提供:内閣府宇宙開発戦略推進事務局

MOVIE 動画で知る

アイサンテクノロジー株式会社
企業紹介

準天頂衛星「みちびき」を用いた
先行研究開発活動に関する取り組み

MMSへの取り組み

ITS業界への提案

CAREER キャリアアップ制度

それぞれが目指すキャリアイメージの実現

どんどん技術や知識を習得し「お客様の要望にお応えしたい」「自ら成長したい」という方、まだイメージが持てないという方にもピッタリの環境です。

資格取得支援制度

業務に関連する資格を取得する際に、合格時に受験料に加え、資格レベルに応じた報奨金を支給することで、社員の自己啓発を推進しています。

キャリアアップ七五三制度

入社後3年間は「会社に関する知識」「業界に関する知識」「社会人としての一般知識」を身に着ける重要な期間と考えます。そのため、各事業部長のもとで実践を通じ 、しっかりした教育を実施します。3年間終了後、自身のスキル、仕事に対する能力、適性を判断し、配属を実施します。その後2年間、配属先で目標を持った業務に当たっていただきます。その期間の評価をもってリーダへのステップアップのスキルの判断を行います。その判断により、次の2年間はリーダ養成期間、更なる成長に向けた研鑽期間となります。

CULTURE 福利厚生

福利厚生

  • 各種社会保険完備
  • 介護休業
  • 育児休業
  • 福利厚生サービス利用
  • 従業員持株会
  • 退職金制度
  • 確定拠出年金制度
  • 財形貯蓄
  • 健康診断実施
  • など

ワーク・ライフ・バランスへの取組

フリーエージェント制度
自己申告を受けた職種変更を可能とする制度
フレックスタイム制度
1か月以内の一定期間において、一定時間労働することを条件として、1日の始業・終業時間を社員が自由に決定できる制度
産前産後休暇
本人出産のとき産前6週間( 多胎妊娠の場合は14週間 )、産後8週間の特別休暇
出産祝い金
誕生した子供一人につき2万円を支給
育児休業
最長1年6か月までの育児休業を取得できる制度
育児休暇
子供が小学校を卒業するまで、年次有給休暇とは別に1年に5日まで子供の病気、学校行事への参加等の利用を目的に休暇を取得できる制度
短時間勤務制度
職場復帰から子供が小学校に入学するまで、短時間勤務を利用できる制度
在宅勤務制度
子育て等で会社通勤が困難な場合、在宅勤務にて就業可能な制度
カムバック制度
子育て等で退職後、契約社員として復帰可能な制度
業務委託契約
子育て等で退職後、業務を委託するという形で仕事を依頼する制度

Q&A よくある質問

働く環境について

育児休業の取得率を教えてください

女性社員の育児休業取得率は100%です。
また、男性社員の取得事例もあります。

転勤はありますか?

社員は転勤可能かどうかを年1回会社に申告する機会があります。
(「転勤不可」と申告している場合には、原則として転勤命令を発することのないよう配慮します)

入社後の配属はどのように決定しますか?

本人の希望を踏まえて適性を考慮して配属します。

入社後勤務地はどこになりますか?

総合職(技術・事務):本社
総合職(営業):本社または営業所
開発職:名古屋開発拠点または福岡開発拠点
(2018年5月現在)

出張頻度を教えてください

頻度は部署により様々です。測地ソリューション事業には営業所の管轄エリアがあるので出張頻度は低いですが、G空間ソリューション事業では全国が営業範囲となりますので、頻度の高い場合もあります。1週間以内の出張が多いです。

入社後の職種変更は可能ですか?

年に1度全社員が提出する「上申書」にて職種変更の希望を会社に対して申告することが可能です。

平均法定時間外労働を教えてください

2017年度統計:平均15分/人

会社について

社員の平均年齢を教えてください

39.4歳です。
なお、年齢分布はグラフのとおりです。
(2018年10月1日現在)

平均勤続年数と入社後3年の定着率を教えてください

平均勤続年数は13.7年、全体離職率は3.06%、入社後3年の定着率92.4%です。
(2018年10月1日現在)

社員の男女比率を教えてください

2018年10月現在、男性81.5%、女性18.5%です。

海外展開はありますか?

2018年10月現在、海外に拠点はありません。海外の展示会やカンファレンスへの参加実績、海外でのMMS計測の実績などがあり、当社のソフトウェアの需要が海外にもあることを確認しています。

各職種の社員数を教えてください

営業職:44人
技術職:12人
事務職:15人
システム開発職:26人

新卒採用について

エントリー方法を教えてください

エントリーフォームまたは、マイナビ2019よりご応募ください。
マイナビ2019

OB・OG訪問は受け付けていますか?

OB・OGのご紹介は行っていません(会社へのOB、OGの配属先電話番号等のお問合せについては、個人情報保護法によりご案内することが出来ません)。各大学の卒業生名簿等をもとに、直接本人に連絡していただくことは可能です。

測量の知識がありませんが、大丈夫でしょうか?

測量の知識をもって入社した社員はほとんどいませんので、大丈夫です。
入社後の研修で、業務に関わる知識は養われていきますので安心してください。

既卒者の応募は可能でしょうか?

既卒のご応募も受け付けます。
エントリーフォームよりご応募ください。

どのような人物を求めますか?

自分の考えを発信できる人、挑戦することに躊躇しない人を求めます。

内定を出す時期を教えてください

説明会ご参加から約1ヶ月で内定を通知します。

試験内容を教えてください

・総合職:一般常識問題・時事問題・英語・小論文
・開発職:一般常識問題・時事問題・数学

キャリア採用について

エントリー方法を教えてください

エントリーフォームよりご応募ください。

学歴の制限はありますか?

原則として制限はありません。人物、能力により評価します。

在職中のため営業終了後または土日祝日の選考は可能でしょうか?

営業日以外の選考は行っておりませんので、時間帯をご相談ください。

OUTLINE 会社概要

概 要

商号
アイサンテクノロジー株式会社
(英訳名:AISAN TECHNOLOGY CO.,LTD.)
本社
愛知県名古屋市中区錦三丁目7番14号ATビル[地図]
Tel 052-950-7500(代)/ Fax 052-950-7507
代表者
代表取締役社長 加藤 淳
営業所
仙台/埼玉/横浜/名古屋/大阪/広島/福岡/熊本
設立
1970年8月
上場証券取引所
東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)
証券コード4667
資本金
19億1,729万円(2018年9月13日現在)
連結グループ在籍者
119名(男性97名/女性22名 2018年10月1日現在)
事業内容
  • 公共測量・登記測量・土木建設向けCADシステムの
    設計・開発・販売および保守業務
  • 世界座標化への解析ソフトウェア・変換モジュールの
    受託開発業務
  • 三次元地図整備のためのソフトウェア研究開発業務
  • 三次元地図計測業務
  • モービルマッピングシステム販売事業
主要取引銀行
三菱UFJ銀行、名古屋銀行、愛知銀行、楽天銀行
主要取引先
三菱電機株式会社、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社、法務省、全国主要法務局、その他測量業者、建設業・建設コンサルタント業者、自動車関連企業等 他多数
主要株主
三菱電機株式会社、KDDI株式会社(2018年9月13日現在)

沿 革

昭和45年(1970) 8月 加藤清久が名古屋市昭和区長戸町6丁目23番地に「技術で頁献」を目指し株式会社アイサンを設立
昭和49年(1974) 6月 測量計算プログラム「測量計算書」発売
平成元年 (1989) 5月 測量CADシステム「WING」発売
6月 測塁CADシステム「HYPER WING」発売
平成2年(1990) 6月 製図機「AI-MIXO・AI-MIX 1」発売
平成6年(1994) 12月 測量CADシステム「Pro Wing」発売
平成9年(1997) 4月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成16年(2004) 12月 ジャスダック証券取引所(現東京証券取引所JASDAQ (スタンダード))に株式を上場
平成21年(2009) 4月 「BMB世界座標取得システム」が建設技術審査証明を取得
平成24年(2012) 2月 準天頂衛星みちびき初号機からの補強データを利用する日本初「高精度単独測位」システム「GPS+QZSアンテナ受信機付きQZS Prove Tool EX」を発売
6月 「QZS Prove Tool EX」が国土交通省国土地理院が表彰する『電子国土賞2012(モバイル部門)』を受賞
平成27年(2015) 8月 経済産業省「平成27年度商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)」に採択
11月 「衛星測位活用検討コンソーシアム」を設立
12月 「Pocketシリーズ バージョンⅢ」発売
12月 「GeoInspector」発売
平成28年(2016) 3月 測量CADシステム「Wingneo INFINITY version6」 発売
3月 精密三次元空間データ生産ツール「3DWING」発売
3月 高精度三次元地図計測UAV「Winser」発売
3月 株式会社プロドローンへ出資
5月 中小企業庁「はばたく中小企業・小規模事業者300社」2016に選定
5月 愛知県による県内15市町における自動走行の社会受容性実証実験事業受託
5月 内閣府宇宙戦略室を代表とする「衛星測位官民合同チーム」の一員として「European Space Solutions 2016」に参画
6月 「ダイナミックマップ基盤企画株式会社」を共同設立
6月 愛知県「平成28年度新あいち創造研究開発補助金」事業採択
12月 経済産業省「平成28年度戦略的イノベーション創造
プログラム(自動走行システムの実現に向けた衛星測位情報活用に係る調査)」業務受託
平成29年(2017) 3月 測墨CADシステム「Wingneo INFINITY version7」発売
3月 大規模点群高速編集ツール「WingEarth」発売
3月 国土交通省「中山間地域における「道の駅」等を拠点とした自動運転サービス実証実験実験車両協力者」に選定
5月 愛知県「平成29年度新あいち創造研究開発補助金」事業採択
6月 愛知県による平成29年「自動走行実証推進事業」受託
8月 岡谷鋼機株式会社、株式会社ティアフォーとの業務提携を発表
8月 岡谷鋼機株式会社との資本提携を発表
8月 岡谷鋼機株式会社を割当先とする第三者割当による新株式を発行
9月 株式会社ティアフォーへ出資
10月 「ダイナミックマップ大規模実証実験コンソーシアム」を設立
「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム/大規模実証実験」のうち「ダイナミックマップ」に係わる「ダイナミックマップの試作・整備及びセンター機能や更新手法等の確立」及び、「大規模実証実験の実施・管理」を、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)殿 より受託
12月 岡谷鋼機株式会社、株式会社ティアフォーとの業務提携における「ワンマイルモビリティ」プロトタイプ初号機「Milee」完成
12月 交通規制の無い一般公道における、遠隔型自動運転(レベル4)の実証実験に成功
平成30年(2018) 1月 都内初の「自動運転公道実証実験」を杉並区において実施
3月 測量CADシステム「Wingneo INFINITY version8」発売
9月 KDDI株式会社との資本・業務提携を発表

アクセス

アイサンテクノロジー株式会社

【本社】
愛知県名古屋市中区錦三丁目7番14号ATビル
Tel 052-950-7500(代)/
Fax 052-950-7507

大きな地図で見る