本文へ

green-map

メッセージ

挑戦しないか? アイサンと共に

2020年開催の東京五輪に向け、国内の社会インフラ整備が加速的に進行する中、2018年には国産GPS衛星「みちびき」の本格運用が始まります。

そのような状況から、位置情報を取り巻く環境は大きな変革を迎える時代となり、これまでの2次元データの主体から3次元や4次元データへの生成と管理へ移行していきます。

当社の得意とする測量市場では、CIM((Construction Information Modeling)とした新しい公共事業の業務サイクルを管理する手法が提唱されており、それに向けて」官民を挙げた取り組みが展開されていきます。

また、当社が2008年から事業開始しました高精度三次元地図ビジネスにおいては、そのデータやテクノロジーが、
ITS(Intelligent Transport Systems)業界が注目を集めており、自動運転技術の確立に向け様々な実証実験に参加しています。

測量市場で培ったテクノロジーに新たな息吹を吹き込み、ITS市場に挑戦する当社は「志」ある貴方を待っています。